青山高原

秋も本番。
何をするにも快適な季節。鉄道写真以外はこれといった趣味はないのだが、サイクリングやウォーキングなど体を動かすことは昔から好きで鉄道写真よりそちらの方に傾倒した時期もあった。
ここ最近もそんな傾向で、この日は青山峠越えのハイキング。
15キロ程のポピュラーなコースだが、近鉄大阪線の旧線歩きや頂上の青山高原からの眺望、滝を見ながらの沢渡りがあったりの変化に富んだコースがお気に入りで何度も訪れている。
この日の目的のひとつは新調した登山靴の試運転。カメラにしても自転車にしてもそうだが装備には元々お金をかけない主義(お金がない)。しかし紀勢俯瞰で10年以上履きつぶした登山靴は靴底もスリックタイヤのようにつるつる、ペラペラでさすがに限界を越えていた。

ao1149.jpg
そんな新しい登山靴は快調そのもの。伊勢湾が望める頂上の青山高原では野生のキツネが出迎えてくれた。

ao1156.jpg
西青山駅からもしばらくは旧線を歩くのだが、こちらは東青山側の旧線。旧二川トンネル上から旧溝口トンネルを見たところ。
ここに来るといつも思うのはかつてあった大きな列車事故のこと。詳細は省略させていただくが、下り急勾配でブレーキが効かなくなり暴走した今なお現役12200系スナックカーがこのトンネルから飛び出してきたことになる。

2枚共 2016.10 青山高原ハイキングコース


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

夕陽が照らす三つの時代

na4258.jpg

手前の橋梁が明治、奥の列車の渡ってる橋梁が大正時代にそれぞれ施工されたもの。
そして昭和の南海カラーの電車。
昭和の電車がひと足先に去っていった。

昨年のお盆休みに撮影したもの。

2015.8 南海本線 紀ノ川~和歌山市 紀ノ川橋梁

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

惜別キハ40  最終回  ~海苔棚のある風景~

この日は夕方の近鉄撮影をメインに伊勢に訪れていた。
それまでの時間は土産物屋に立ち寄ったり二見浦界隈を観光したりして時間を潰していた。
ちょうど夫婦岩観光の途中、ふと参宮線をメインに撮影されている「店長さん」に連絡を入れるとすぐ近くで撮影されているとのこと。
参宮線撮影の予定はなかったが、早速現地に向かい、あつかましくも隣で撮影させていただくことに。

sg11332.jpg

海苔棚広がるいかにも参宮線らしい風景。
願ってもない干潮。曇りがちだった天気も回復傾向、順光ではなく横からのメリハリのつく光線と好条件が整っている。
と、あっという間に潮が満ち始めてきた。長靴ではもう限界かと思われた時にようやくようやくキハが姿を現した。

私としては最後になるであろうJR東海のキハ40.48の姿。国鉄ツートン色ではなくて東海色の白キハだったが、長きに渡り紀勢本線で馴染んだカラーだったのでこれで良かったのか。
「海苔そだ」と呼ばれる竹の棒と白キハがやや夕陽の色に染まる印象的な風景は一生忘れることはないだろう。


短い期間でしたがキハ40特集をご覧いただいた皆様ありがとうございました。

2016.1 参宮線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

惜別キハ40 ~朝熊山山頂~

朝熊山山頂へは昔勤めていたコマーシャルスタジオの撮影以来。
勿論、鉄道ではなく風景写真の撮影で5月のつつじ、別にモデル絡みのロケもあったのか?記憶が定かでないが何度か訪れていた。

キハ40,48系の紀勢本線多気以南の引退後に期間限定で運用復帰した鳥羽までの運用。
やはりここで一度は撮っておきたくてこの日ばかりは「にわか鉄」の仲間入り。

sg0384.jpg

様々なネットの媒体で知り合いの方、そうでない方々の写真を拝見。
それぞれに考え抜かれた構図を見て勉強させてもらったが、自分のはというと下がやや窮屈になったこの構図。
サブ機でこれより望遠の横位置カットも押さえたが、結局この切り取りで自己満足度は満たされた。

2016.1 参宮線


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

1.17

今日で阪神淡路大震災から21年。
当日は大阪の実家から車での出勤途中で激しい揺れにみまわれた。
その週末に神戸に住んでいる撮影仲間を見舞うべく友人たちと西に向かった。
倒壊した阪神高速道路や建物、焼け焦げた臭いと鳴りやまないサイレンの音などがまだ鮮明に心に刻まれている。

ri7620.jpg

この写真は友人の新幹線の陸送、船輸送の撮影に同行させてもらった時のもの。
ポートアイランド、みなと異人館の向こうで新幹線車輌の台船からの陸揚げ作業が行われていた。

2011.1 兵庫県神戸市
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク