氷花

この日は自分で調整したMTBの試運転を兼ねてのサイクリング。
伊賀市内の自宅から柘植を経て加太へ。その後林道と農道を繋いで一気に南下して青山町をゴールに目指した。



加太の峠道の小川で見かけたしぶき氷。まるで氷の花のように輝いていた。
そのうちやって来るであろう普通列車を狙おうと河原へ降りる。三脚は持ち合わせておらず、手持ちで凍てつく河原に張り付くようにローアングルで構図を試行錯誤。
と、キハ120のものとは明らかに違うジョイント音が峠を下ってくる。
聞きなれた中間台車の軽やかな音。まさか…。
「ドドン、シャシャン、ドドン」
氷花の向こうに鮮やかな真紅の車体が横切った。
とっさの手持ち構図とはいえ右のコンクリート護岸を隠しきれなかったのは反省材料。

サイクリングがもたらしてくれた一期一会。
しかしこの日の奇跡の出会いはまだこれで終わりではなかった。

2013.1 関西本線
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク