行者山

標高667m。
行者山という名だけあって軽装のロケハン登山の時とは違い、重い機材を背負って一気に登りつめるには厳しい山だった。

尖った岩肌がむき出しの頂上に立てば疲れも吹っ飛ぶ絶景。
正面に立ちはだかる荷坂峠の山の向こうには霞んではいるものの、熊野灘が見えていた。

kika1606.jpg
切り位置は直線距離で約5㎞先の梅ケ谷駅発車のシーン。
山影迫る中、定刻よりやや遅れて荷坂峠を越えた2088列車がゆっくりと姿を現した。

2010.5.29 紀勢本線 大内山~梅ケ谷
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

梅ヶ谷を走る列車と熊野灘が一緒に写るって想像もつかない場所でしたね。
白影さんを見てるとまさに「修験行者」です。2088レでは海の色を綺麗に写すのは本当に難しい時間ですね。

Re: No title

DF50 34 さま
まだまだ修業が足りずに「修験行者」にもなれていませんよ(笑)。
今から思えば陽の高い時間帯のキハで青い海も撮ってみたかったですね。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク