薄暮に飛ぶ

昨日アップした「しまかぜ」と同じ日の写真。
夕方に大阪へ帰ってゆく「しまかぜ」の当地の通過時刻は17時半頃。夏場なら陽光下での撮影が可能であるが冬場は暗闇迫る時間帯。フィルム時代ならとっくに諦めて帰り自宅でくつろいでいる時間帯であるが、デジタルはそうはさせてくれない。薄暮の撮影に夢中になっている間にすっかり真っ暗、家からの苦情電話でハッと我に返ることもしばしば。



日中は雲に苦しめられた一日だったようだが、日没の頃になるとすっきり晴れ渡った空に。
肉眼では暗闇の世界だったが、僅かに残照の残る西空が欲しくてISO2000・1/8秒。
宵の明星に向かって薄暮に飛ぶ「しまかぜ」をキャッチすることができた。空にノイズが出てしまったが、デジタルの恩恵にあやかって撮影することが出来た一枚。

2013.12 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク