D号車

昨日アップした名松線の帰り道に撮影していたPN05編成の15200系「あおぞらⅡ」。

ki0084.jpg
やっぱり菱パン車は格好いいなぁ…と思いながら画像を見返していると、ん?「D号車」?

ki0094.jpg
当然ながら最後尾は「A号車」。
なぜ数字ではなく英語なのかは謎。

2016.3.27 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

これはちょっと変わってますね。基本的には何か社内規定があるんでしょうが、団体用が主たる運用なら多少のあそび心も入ってるのかな? なんて思ったりもしますね。
かつて南海電鉄から紀勢線に乗り入れてた「きのくに」ですが、たしか2両編成でA号車とB号車だったように記憶してます。
国鉄の「きのくに」自体が編成両数がばらばらなのでこうなっていたのではないかと想像できますね。

それとも全然別の意味があるのかな?

DF50 34様の仰るように南海きのくにはA号車B号車でしたね。子供の頃この号車札を見て好きでしたわ。
国鉄きのくに車内放送での編成案内で先頭が①号車で後ろが⑧号車、その後ろに南海①号車…と案内しにくいからではないでしょうか? 仮にしたとしたなら客から先頭車が①号車で後ろも①号車なんでやねん!てツッコミが入るからではないでしょうか(笑)あくまでも推測ですが…
話は逸れましたが「あおぞらⅡ」もアルファベットの号車札なのですね。初めて知りました!

No title

こんばんは~。
確か京都大阪併結列車の八木での分割時、大阪線八木以東での誤乗防止だったのでは??

Re: タイトルなし

DF50 34 さま
こんばんは。
南海版「きのくに」の号車札の話、初めて知りました。
しかし本家の国鉄版「きのくに」との併結のことを考えるとうなずけますね。
この団体列車、「清風鉄研」と全面の張り紙に書かれていたので何らかの意図があったのかもわかりません。 

Re: タイトルなし

カモノハシさま
こんばんは。
南海版「きのくに」は私も見た記憶しかないのですが、さすがカモノハシさんは地元だけあって号車札まで観察されてたのですね。
子供ながらかなりのマニアだったことが想像出来ます(笑)。
おっしゃる通り確かに併結列車では混同してしましますよね。
普段の「あおぞらⅡ」は数字表記だったと思います。

Re: No title

賄.賄悠々さま
こんばんは。
なるほど、近鉄でも併結列車がありましたね。
この時の団体「清風鉄研」の経路を調べると上本町→奈良→宮津→天理→青山町→橿原神宮前→上本町となっていました。
併結はなかった?ようですが、複雑な経路であった故の表記だったのかもしれません。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク