暖光に包まれて

ここからの冬の早朝の光景がどうしても見たかった。
狙いは霜の降りるような冷え込んだ朝。
幾度となく麓まで行ってはチャンスをうかがっていたが、なかなかいい日が巡ってこなかった。




860系最後の冬。
既に860系の運用は1~2運用にまで激減していた。
今日がチャンスか?意を決して懐中電灯の明かりを頼りに暗い時間から入山した。
思った程霜は降りておらず、僅かに道床を輝かせる程度。
それでも初冬の暖光に照らされたクネクネと続く線路の向こうから860系が見えた時には大感激だった。撮影後は足どり軽く下山したのを覚えている。
勿論風景を目いっぱい入れたカットも撮影しているが、そちらはまたの機会に。

2011.12 伊賀鉄道
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらが本命!

後ろに見える小さいお城のような建物は、
水門でしょうか?
良いアクセントになってますね!
冬の斜光線が暖かく
860系を見送ってますね!

Re: こちらが本命!

ぶばえもんさま
古い記事にコメントいただきありがとうございます。
あのお城のような建物、水門関連の建物だったと思います。
おっしゃる通りワンポイントに入れてみました。

No title

伊賀鉄道の写真もチェックしていたつもりでしたが、2ページ目は見逃しておりました。
冬の早朝の金色に輝く画面は素晴らしいですね!
逆に、今の季節(6月)の夕刻も、晴れたら何とかサイドに陽が周って、ギラリが狙えるかもですね。

Re: No title

OUTBACK-3161さま
こんばんは。
さすが、線形を熟知されてるだけあって鋭いですね。
860系時代の夕方に行ってるのですが、薄日でイマイチな結果に終わってます。
日中の普通の順光の時間帯には撮ってますのでまた機会があれば掲載したいと思います。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク