伊勢志摩ライナー

「しまかぜ」の前座を務める「伊勢志摩ライナー」が10時前後に立て続けに3本も通過する。
その主役の座を「しまかぜ」に譲り渡して久しいが、特に紅葉とはマッチしてくれるカラーリングなのでこの時期はしまかぜ以上に場所選定に気合が入る。
カラーは黄色と赤色。その時その時の狙いに応じてなかなか希望のカラーが来てくれないことが多いのだが、3本あるので大抵1本ぐらいは狙いのカラーのどちらかがやって来てくれる。
夕方にも3本返ってくるのだが、この秋にもみじとの組み合わせで赤色の伊勢志摩ライナーを狙おうと土砂降りの雨の中で約1時間待ったことがある。1本目黄色、2本目黄色。とくれば3本目は間違いなく赤色だと確信して待つもまさかの黄色がやって来て自分の運の無さ?を痛感したことも。
調べればわかると聞いたこともあるが、少しぐらいはギャンブル性があった方が面白いのでいつも蓋を開けるまでの楽しみにしてある。

ki8892.jpg

晩秋の谷に浮かびあがる「伊勢志摩ライナー」のサイドビュー。
この時はどちらのカラーでもよかった。正面から見ても格好良いとは思わないが、サイドから見る鋭角に尖ったフロントノーズがお気に入り。(あくまでも個人的意見)

2015.12 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク