近鉄の20000系「楽」という団体専用車輌。
4輌編成オールハイデッカーの車体構造なのでとにかくでかい。
団体専用だから「あおぞら」と共に遭遇率の低い列車で大抵は移動途中などの「見る鉄」になることが多い。

ki1929.jpg
銀杏の横でカメラを構えていたら突然その車輌限界いっぱいの巨体がファインダーに飛び込んできた。

ちなみにこの側面の「楽」の文字は伊賀の書家、榊莫山先生によるものらしい。

2016.11 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

銀杏の黄色よりも鮮やかな「楽」の黄色。そして青空とのコントラストがいいですね。

もしや11/13の朝でしょうか?私は松塚付近で構えていましたが(「走りゃんせ号」、てっきり「あおぞらⅡ」で来るものと思っていました)日の出が6時45分、やってきたのが私の勝手な予想より早く、6時50分だったのでまだ光線が弱く、曇り空の写真のようになってしまいました。

Re: No title

OUTBACK-3161さま
こんばんは。
コメントありがとうございます。
この写真は11/13ではありませんが、その日も移動中に「楽」を見る鉄しました。
「走りゃんせ号」、全くノーマークでした。いつもこんな調子なんでなかなかまともに撮れない車輌です。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク