金鱗

最近では休日の予定を決める上でもすっかり「歩き」の方を優先するようになった。
この時も奈良県内で行われたウォーキング大会に参加した帰り道。
たまたま乗り合わせた急行列車が115列車の先行列車。この日の115列車は12200系先頭で後部は22000系ということは頭の片隅に入っていたのだが、室生口大野駅で車窓に見えた日没間際のこの「光」に反射的に列車を飛び降りてしまった。
普段から「駅撮り」は必要以外しない方。ましてホームは切る撮り方がほとんどだが、この駅はカーブしたホームの雰囲気がとても気に入ってる。
慌ててリュックの底にしのばせていたカメラ+ズームレンズをほじくり返して取り出すとすぐに列車接近のアナウンス。

ki1728.jpg
まもなく「銀鱗」ならぬ「金鱗」をまとったスナックカーが33.3‰を駆け下りてきた。

2016.11 近鉄 大阪線 室生口大野
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

秋の光線

おはようございます!
素晴らしい、光線ですね!
ウォーキングでお疲れなのに、途中下車
したくなるのも分かります。
下り勾配でカーブを降りてくる
列車。
光の輪郭が列車を浮かび上がらせてますね!

それにしても、色んな撮影の引き出しがあり、
すっかり、近鉄の専属ですね(^o^)

Re: 秋の光線

ぶばえもんさま
こんばんは。
ありがとうございます。それが全く疲れはなくてまだまだ歩き足りない感じでした。病気かな(笑)。
冗談はさておきこれが普通の順光なら素通りですが、昔からこんなシチュエーションが大好きですね。
まっすぐ帰ればいいものを好きな車輌が撮影出来るとなれば途中下車してしまう。これは間違いなく病気ですね。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク