白波の波田須海岸

言わずと知れた撮影名所。
初めて訪れたのは18~19歳の頃に大阪から原付バイクで80系南紀を撮影に来た時。当時はもっと海も見えており、棚田では稲が栽培されていたが、現在では自然に還りつつある。
紀勢貨物上り2088列車の波田須の定番地と言えば「ユリの咲く丘から」の立ち位置から程近い通称「徐福茶屋アングル」。しかしあろうことかその定番で一枚も貨物列車を撮っていない。「いつでも撮れるから」と後回しにしてしまう悪い癖。だから今の近鉄撮影では定番であろうとなかろうとどこでも撮ることを心掛けてる。

‘もと’定番地の夕方2088列車は後追いとなる為にこの日も誰も居ないのは当然。ところが個人的にはこの角度の貨物列車の「後追い」が大好きなのだ。
だから重連時代からわざわざ「後追い」用の撮影地開拓に力を入れていたほど。変態ではない。念のため。
機関車を先頭に去りゆく姿は力強さとともにどこか郷愁感を漂わせる。

そんな後追い好きの私がこの日の絶景を撮らない訳がなかった。

kika1221.jpg

轟音をたてて磯に打ち寄せては返す白波。その波音をかき消すかのようにDD51貨物列車が盛大なジョイント音を残して走り去った。

2011.7.16 紀勢本線 新鹿~波田須
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良い白波です。私はこのときは「茶屋」からド定番で撮ってました。
DDの後追い、私も大好きです。自称「変人」です。
人の言うことなんか気にしません。自分で良ければそれでヨシです。

Re: No title

DF50 34 さま
こんばんは。
この日は徐福茶屋アングルでも白波が狙えましたね。そちらも是非とも押さえたかったのですが、磯と後追いのに引っ張られました。
DF50 34さんの後追い写真も気になりますね。また見せて下さい。

絶景ですね!

こんばんは!
こらは、徐福を降りたあたりですか?
こんな撮影の、仕方があったなんて、
定番ばかり気になって、撮影してませんでした!
って、徐福で、貨物も撮影してませんでしたが(^_^;)
海の青と、機関車の赤がとても印象的ですね!

Re: 絶景ですね!

ぶばえもんさま。
こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですね、徐福茶屋の近くのもとお立ち台ですね。
この日はこの海を見てここで撮ることに決めました。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク