夏至の頃

夏至を過ぎて昼の時間は冬に向かって短くなりつつある。
この時期、一番撮影に力を入れたいのはやはり陽光下で今の季節しか撮れない早朝や夕方遅くに走る列車たち。
特に伊賀界隈を18時半~19時頃に通る鮮魚列車は今が稼ぎ時。平日の「夕練」というやつだろうか。
ただ梅雨時なのでクリアできる撮影地は年に1~2箇所ぐらいなのだが…。

ki5943.jpg

稜線の木々に夕陽がかかり始めるタイミングで鮮魚列車が峠を上ってきた。

どうってことのない撮影地なのだが、陽が当たる可能性があるならそれに賭けたい。自己満足的なこだわり、一種の病気みたいなものか?
夕映えアーバンライナーの時は鮮魚列車の通過時刻と太陽位置の確認が目的だった。時刻表に載らない列車の時刻を知るのは実測が一番確実。ダイヤ改正前の実測時刻より僅かだが時刻が繰り上がってることを確認。計算上では夏至の頃にはぎりぎり夕陽が当たるはず。
後は天気のみだ。
そして巡ってきたチャンス。当日は確信をもって撮影にのぞんだ。

2016.6 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

日没寸前!
ギリギリで、上手く捉えられましたね!
こういった時は、大抵、夕方の雲に遮られ、
光線が無くなってしまいがちですが、
稜線にかかった瞬間に、列車が通り
ぎらりと輝いて、バッチリです!
いつもながら、すべてを計算された
素晴らしい作品ですね!

Re: おはようございます!

ぶばえもんさま
こんばんは。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、通過直前に太陽の周りに雲がうろうろしだして肝を冷やしましたが、何とか今季の課題をひとつクリア出来ました。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク