残り紅葉求めて…

12月ともなれば暦の上では冬になるのだろうか。
確かに今朝の伊賀は氷点下になり、一面真っ白に霜の降りたあぜ道を完全防備の格好でMTBを漕いで行った。

しかし撮影の方ではまだまだ未練たらしく?秋の名残を探して奔走してしまう。この界隈ではさすがに中旬頃にはあきらめてしまうが、南国紀勢では12月いっぱいは秋の撮影を楽しめる。
一方で曖昧ではないのが太陽でもう既に冬至が迫ってきている。これまで陽当たりを気にせず撮っていた朝夕の列車たちに陽が当たらなかったり思わぬ落とし穴にハマることもしばしば。

ki9134.jpg



この時は陽当たりデータもなく思いつきでこの場所に上がったが、太陽が顔を出したのが鮮魚列車通過の約5分前。
運良く晩秋の朝陽に残り紅葉と鮮魚列車の屋根が輝いてくれた。
2014.12 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

紅葉だけでなく白壁の建物なんかもあったり良い光景です。
データなくチャレンジするのも楽しい博打です!!

Re: No title

赤影さま
こんばんは。
手前にはマンションがあったりしますが、何とかこのフレームで田舎の雰囲気になってくれます。
この時はたまたま思いの光が当たりましたが、なかなか赤影さんみたいに博打に強くなれません。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク