惜別DD51-852 最終回 ~最後の花道~

紀勢貨物、最終2088列車。
船頭を務めるのはDD51-852。
さよならマークも何もない普段通りの姿。
だから良かった。貨物列車なのだから。

この日に合わせたかのように見頃を迎えた水仙の花がまさしく「最後の花道」を彩る。
線路と水仙の花に降り注ぐスポットライト。
私にとっての紀勢貨物ラストシーンには充分すぎる舞台が整った。

そして16時21分。
その時がやってきた。

kika23907.jpg

言葉は何もなかった。
ただただ万感の思いで見送った。


「惜別DD51-852」特集、最後までご覧いただきありがとうございました。

2013.3 紀勢本線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

待ってました。水仙といえば冬の花なんでしょうか?この地方では3月後半くらいから見ごろになるんでしょかね。
これまでこれだけ揃った水仙は見たことありませんでした。最後にして、してやったりですね!!
私は最後の日も特に仕事は休みませんでした。当然、鵜殿にも行ってません。上り2088レ最終便は仕事仲間に「行って来い!」と言われ、銚子川で見送りました。
最終日、自分では特にイベント的にせず普段姿で見送れたのが唯一の「自慢」です。

Re: No title

紀勢の赤影さま
こんばんは。
ありがとうございます。この場所での念願の水仙、結局最初にして最後の撮影となりました。
特に地元の紀勢の赤影さんにとっての紀勢貨物は私以上の思い入れがあったと思います。
でもあえてラストを日常生活の中の合間に馴染みの場所でさりげなく…紀勢の赤影さんらしい見送り方だと思いました。
プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク