記憶色

限りなくモノトーンに近い世界だった。
「オート」設定のホワイトバランスは現実とは全く違う色調を写し出していた。
現像作業で撮影時の記憶を頼りに出来るだけ忠実に現実の色に仕上げていくのだが、それぞれ人によって「記憶色」も違うだろうし、仕上がりも千差万別。そこがまたデジタル写真の面白いところだと思う。

ki6181.jpg
大口を開けた広角レンズに容赦なく次々と雪が襲ってくる。
旧街道の街並みの雪も一旦は融けかけていたのだが、見る見るうちに再び白く染まっていった。

2017.2 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

構内踏切スナップ

夕刻の伊賀神戸駅構内踏切。

iga1473.jpg
「この電車珍しいのかしら?」
目の前の古めかしい電車にちらりと目をやる人。
写真を撮る人。
先を急ぐ人。

860系終焉まで約一ヶ月を切った頃。

2012.2 伊賀鉄道 伊賀神戸

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

群青色

冬の二木島港。
この季節の風物詩でもあった秋刀魚の水揚げがなくなってから活気が失われて少しさびしくなった。

kika22529.jpg
冬の低い太陽が海面を群青色に染める。
対岸から低く構えると陽炎がゆらゆらと漁港の風景を揺らしていた。

2013.1.26 紀勢本線 二木島

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

スポットライト


目を覆いたくなるような曇天。
次々と時雨雲が流れてくる今なら諦めてカメラすら出さないような空模様だった。

当時は一往復しか撮影できなかった「しまかぜ」。しかも帰り便は昨日の記事のような暗い時間。
まだこの「しまかぜ」が撮影の中心にあったから、どんな天気でも貪欲に撮影に挑んでいた。

ki2207.jpg
時にはこんなスポットライトが自分の上にも降り注ぐこともある。

「貪欲であれ」

今の自分に当てはまる言葉なのかもしれない。

2014.2 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

行き交う

列車、車が慌ただしく行き交う夕暮れの峠道。

ki5893.jpg
それぞれの「想い」を載せて。
2017.1 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

白菜

冬の食べ物シリーズではないが、数少ない大切な季節ネタのひとつ。

残雪の上で仲良くひなたぼっこする白菜のカップルを見つけた。

ki5553.jpg
見てくれはあれだが、これが本来の白菜の姿。葉が広がらないように藁で縛ってもらってまるまると良い白菜に育っている。
きっと旨いに違いない。
今夜は鍋だな。

2017.1 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

貸切列車

珍しい伊賀鉄道の「貸切列車」の写真を見つけた。
「伊賀鉄道友の会総会列車」と書いてあるが、撮ったこと自体の記憶も欠け落ち、ハードディスクに埋没していたこんな写真を発見出来るのも今のパソコンのお陰。

iga1441.jpg
列車識別灯も全灯。
列車交換を終えた「貸切列車」がスプリングポイントに差し掛かる。

2012.2.12 伊賀鉄道 猪田道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コントラスト

いつも「スナックカー」ばかりなので、久しぶりに「ビスタカー」をメインに狙いたくなった。
ただ、狙った時に限ってやって来るリニューアル色。
今日はどうだろうか?

ki60702.jpg
菜の花と雪、そして青空のコントラストの中に現行色の「ビスタカー」が映えてくれた。

2017.2 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

みさご岩から望む

リンクさせていただいてるDF50 34さんの記事から思い出したカット。
ただし転覆事故を起こしたフェリー「ありあけ」は写っていない。その姿はこの一年前に撮影した6X7ポジに記録されているので、おそらくフェリーなしのカットも撮っておきたくて再びここに登ったのだろう。

kika7437.jpg
みさご岩からの日の出」と同じ日の撮影。
ここから眺める七里御浜の海岸線も好きだった。

2011.1.10 紀勢本線 阿田和~紀伊井田

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

2月の海

寒い写真が続いてるので少し暖かな写真でも。

この日は梅と貨物列車がメインテーマだったが、このサブカットの方が印象的だった。

kika2671.jpg
899号機。この機関車ももういないのか。

2013.2.9 紀勢本線 新鹿~波田須

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク