ペンキ塗りたて

前回の記事のPN06あおぞら。
登場した頃に偶然撮っていたことを思い出した。

ki3869.jpg

床下機器から下枠交差のパンタグラフに至るまでピカピカなので出場したての頃なのだろう。
通過時の「ペンキ塗りたて」の心地よい香りがこの写真を見るとよみがえってくる。

ペンキの香りと言えば10年程昔だろうか。東海道本線は三島~函南の竹倉踏切でEF64-2牽引のチキ工臨を撮影した時のことを思い出す。全検上がり直後のロクヨンもペンキの香りを巻き上げて走っていった。なぜ私がそんな場違いな撮影地で一人そんな列車を撮っていたかは話が長くなるので省略するが、将来ポジをデジタル化出来る時代が来ればまた紹介したいと思う。

2014.3 近鉄 大阪線
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

青空×あおぞら

ベタな狙いだが、こちらは首からぶら下げたサブ機で適当に撮ったうちの一枚。
三脚に据えたメイン機は全く狙いは違ったが、曇ってしまい撃沈だった。

ki5025.jpg

晴れベースの空に安心しきっていたが、この2~3秒後に列車のみ真っ暗になった。列車通過後は何事もなかったように晴れていたのはいつもの事。
よく見ると2輌目の窓にその原因となった白い雲がはっきり映っている。
あまり馴染みのない下枠交差パンタの「あおぞら」だから名古屋車(明星所属)のPN06。やっと覚えた。

2016.10 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

光景

陽も短くなり、峠で夕方の「大阪しまかぜ」を待ってるとすっかり暗くなってしまった。

ki1028.jpg

サミットを這い上がる「しまかぜ」。
ハイビームの光が造り出した一瞬の「光景」。

2016.10 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

上野天神祭 ~上野天満宮を背に~

当時、祭と絡めたい筆頭はやはりこの860系マルーン色だった。
前年にはペンタックス6X7に55mm、105mm、165mmと大量のRHPを持って撮影していた。
しかしタイミングがなかなか合わなかった。それにいくら手持ちでもバンバン撮れるペンタックス6X7とはいえ、デジタル+ズームレンズと比べると機動性は雲泥の差。
そしてデジタルを手にして迎えたこの年は860系と上野天神祭の組み合わせを撮れる最後のチャンス。
しかしやはりタイミングが合わずに満足カットが撮れていない。そうこうしてる間に祭はどんどん進行してゆき最後尾となるだんじりも通過。またしても駄目か…と思われたが、そのだんじりが上野天満宮の手前で一旦停車した。

iga56212.jpg

そこに鳴り出した踏み切り。
今度こそ最後のチャンス。
震える手を必死に押さえながらファインダー内に全神経を集中させる。
「来た!」
紅葉の始まった上野天満宮の森を背に横切る860系マルーン色。
まるで昭和時代のような写真だが、たかが5年前の写真。
されどもう5年。実際私の記憶の中ではこのように少し色褪せた思い出になりつつある。

2011.10 伊賀鉄道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

上野天神祭 ~祭り行列~

iga5479.jpg

祭り行列が始まった。沿道は人で埋め尽くされる。
その隙間を縫うように「くのいち」が駆け抜けた。

2011.10 伊賀鉄道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

上野天神祭 ~夜店~

お祭りの楽しみのひとつ「夜店」。子供の頃ほどではなくなったが、やはり夜店の屋台を見るとワクワクする。

iga5399.jpg

「上野天神祭の頃になると急に寒くなる」と伊賀の方からよく耳にする。
銀杏の木が色付き始めるのもこの季節。

2011.10 伊賀鉄道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

上野天神祭 ~宵宮~

iga5376.jpg

宴の前の僅かな静寂の時間。
西の空が妖艶に焼けて間もなく宵宮の始まり。

2011.10 伊賀鉄道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

上野天神祭 ~だんじり巡行~

例年10月23日から25日に行われる「上野天神祭」の開催が今年も近付いてきた。
国の重要無形民俗文化財にも指定されており、伊賀の歳時記を語る上で外すことの出来ない行事。
この祭のハイライトは何といっても鬼行列~だんじり巡行だ。

iga1248.jpg

架線を持ち上げて踏み切りを渡る「だんじり」は鉄道写真的に見ても面白いシーン。

2012.10 伊賀鉄道

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

鮮烈

ki5073.jpg


黄金色に実った収穫間近の伊賀米。
今日も大阪へ新鮮な魚を届けるべく快走する「鮮魚列車」の赤。
そして上空には鮮烈な秋空が広がった。

2015.9 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

秋祭りの頃

沿線で撮影していると祭囃子の太鼓の音が聞こえてくる今日この頃。
街全体をあげての大きなものから各町、村単位での小さなものまで様々な秋祭りが行われている。

ki5378.jpg

この狭い路地の小さな踏切にも山車が通る。
ひとときの賑わいの後の静まり返った路地の雰囲気もまた乙なもの。
提灯に火が燈るこの時間帯にこの車輌を撮りたかった。

この写真の一年前に実家から自転車でロケハン撮影の途中でたまたま出会った風景。その時は薄暮と16000系とのタイミングが合わずに翌年の再訪となった。

2014.10 近鉄 南大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク