白いタヌキ?

薄暮の電車道に珍客!

ki4286.jpg

最初はノラ猫かと思ったが、体形が全然違う。ブレていた2~3コマ目を合せて判断してタヌキかキツネか?
先日自転車に乗ってる時に白いツバメを目撃してこのカットのことを思い出した。

2013.6   近鉄 大阪線    *粗い画像で申し訳ありません。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

光芒

入道雲の中に太陽が捕り込まれてしまった。
こうなれば陽当たり写真は諦めざるを得ない。帰宅に向けて移動を開始したが、空を見ると何かが起こりそうな予感。
列車が空に抜けそうな場所に急行した。

待つことしばしで始まった光のショー。
次々と形、方向を変える光芒に合わせてレンズやアングルをあれこれ変えながら線路を見上げるが、こんな時に限って列車がやって来ないのはセオリー通り。

ki8036.jpg

ようやく鉄橋に響くジョイント音。
来た!

2016.7 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ブツ8

相変わらずパソコンの前でウトウトしてしまい、日付けが変わってしまった。表題とは関係ないが、今日から8月。

ki7375.jpg

このような2連×4=8輌編成のことをファンの間では「ブツ8」と呼ぶらしい。近鉄の撮影を始めるまで知らなかった言葉。
言葉の由来はわからないが、ブツ切りの8輌編成ってことか?
多種多様の組み合わせが見られるのも近鉄特急ならでは。オールオリジナル色のこんな風景も気が付けば懐かしの光景になってしまうのだろう。

盛夏の青田風景の中をコトコトと駆け抜けていった。

2016.7 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

日照時間10分

たまにはガチな鉄道写真でも。
まだ梅雨明け前。午前中は雨が降り続いていたが、予報では午後から天気回復傾向。それに合わせて朝から家の用事を淡々とこなしていた。
この日、撮りたかったのは夕方の1702列車の一本のみ。願ってもない前パンのNS(スナックカー4連)+V(ビスタカー)の組成だ。朝の602列車ではよく見られるが、土日ダイヤで夕方の上り列車ではなかなか出会えない組成。

しかし家を出る頃になっても一向に天気回復の兆しはなく、編成撮りを頭に夏の間は防湿庫の肥やしになっていることが多い6×7用の400mmレンズを久しぶり持ち出した。最近では曇り=編成撮りの図式が頭の中に成り立っている。曇りなら光線も気にすることも要らないし、陽炎も出にくく望遠レンズも使えるので編成狙いにはうってつけの天気なのだ。
1702列車のこの界隈の通過時刻は18時半前後。曇天とはいえ、万が一晴れた場合のことを考えて山や建物の影にならない撮影地をチョイスした。
そのことが功を奏したのか?通過約10分前から太陽が顔を出すようになった。見ると厚い雲に小さな穴が開いてそこからスポット的に太陽光線が降り注いでいる。こうなれば気分もすっかり晴れモードに切り替え。
果たして太陽はもつのか…。

ki65753.jpg

定刻。33.3‰勾配の向こうから菱形パンタを振りかざして本命の登場。
そして通過と共に辺りは再び曇天の世界へ。
この日の私的日照時間僅か約10分間の中の奇跡。
一年の運をすべて使い果たしたか?いやいや、まだまだ。

2016.7 近鉄 大阪線



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

(^o^)

ki7473.jpg

毎年楽しませてくれるささやかな田んぼアート。
電車に乗って車窓から見ていただければ何の形だかすぐにわかりますよ…と田んぼのオーナーさん。
皆さんもうお分かりですよね(^O^)

2016.7 近鉄 大阪線

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

白影

Author:白影
白影鉄道写真館へようこそ!
四季折々の鉄道風景写真を中心に公開していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク